RJ364138 | エルフ触手陵辱~触手教会と男の娘エルフ編・前編~

ID RJ364138
Author/サークル名 群青ブルー
Released/販売日 2022年01月11日 0時

邪神教会から出る条件は──5つの触手部屋で儀式に耐え抜く事。

「白の森」の教会の優秀な修道士、フィオ・ドルマンは、ある日友人の修道騎士のジル・エンデと修道女(シスター)のリアが
「魔の森」行方不明になった話を聞かされる。

聖女の命を受け探しに向かった先の廃教会には───触手邪神の下僕となったリアと、触手に捕まり辱めを受けるジルの姿があ
った。

「5つの部屋に入り、触手邪神にその魔力を捧げる儀式をこなし、それでも正気を保っていられれば解放する」

そうリアに告げられ、フィオは苦渋の決断をする。

「……わ……分かり……ました……」

「言うことを聞けば…ジルを…これ以上酷い目にあわせないと…僕達を開放してくれ
ると言うのなら……」

「……従い、ます…!」


大切な友人を助けるために邪神に身を委ねた修道士・フィオの行く末は──?!

──────────────────

☆基本CG 11枚+差分222枚+文字無し222枚 (差分に漫画24Pを含む)

☆立ち絵 4枚(人物3枚+触手1枚 表情差分含まず)

☆画像サイズ(全て縦画面) 1200×1600

──────────────────

○触手×エルフ(男の娘)で悪堕ちエンドのCG集です。

○前後編の前編になりますが、バッドエンド(悪堕ち後エピソード無し)としてなら
前編だけでもお楽しみいただけます。
悪堕ちまでの過程(疑心暗鬼などの精神的追い込み・誘導)を中心に楽しみたい方向
けです。※後編は悪堕ち後中心の予定です。

○女性キャラとの絡みはありません。

○流血表現等の痛い表現はありません。

○軽度のアヘ顔あり

○断面図あり

○軽度の産卵・腹ボテ描写あり

【キャラクター紹介】

  • エルフ触手陵辱~触手教会と男の娘エルフ編・前編~ [群青ブルー]

    【主人公】フィオ・ドルマン

    孤児だったところを修道騎士だったジルに保護され、白の森の教会でも随一の力を持つ修道士になる。真面目で優しく敬虔な神の信徒で、ジルとは友人であり家族のような間柄。可愛らしい外見のため、森の外では女性に間違えられることもしばしば。押しに弱い所もある。

  • エルフ触手陵辱~触手教会と男の娘エルフ編・前編~ [群青ブルー]

    【主人公の友人】ジル・エンデ

    東洋の文化を持つ東の森出身の修道騎士。孤児だったフィオを拾い、白の森の教会に預け、その後自身も白の森に定住した。
    警戒心が強いが、身内には甘い事が災いし触手邪神の下僕となったシスター・リアの罠に嵌ってしまう。

  • エルフ触手陵辱~触手教会と男の娘エルフ編・前編~ [群青ブルー]

    【触手邪神の下僕】シスター・リア

    白の森の教会に所属するごく普通のシスターだったが、「魔の森」で運悪く邪神に下僕化されてしまい、それ以降は定期的に邪神への貢物として白の森のエルフを「魔の森」に送り込むスパイ的な役割をしていた。しかしそれを修道騎士のジルに勘付かれるも、前々から狙っていたフィオを誘き寄せる餌として逆に利用する。

  • エルフ触手陵辱~触手教会と男の娘エルフ編・前編~ [群青ブルー]

    【触手邪神】

    「魔の森」に拠点におき、エルフの魔力を主食とするエルフの天敵。現在は廃教会に封印されているが、復活の時を虎視眈々と狙っている。
    エルフの快楽感情を介して魔力供給を得る。

認証が必要です

コメントを投稿するにはログインする必要があります。

ログイン